掲示板に戻る

   『獏』

         投稿者 : 正宗友理子


こちらのご作品は作者様のご要望により本文を非表示にさせていただきました。
何卒よろしくお願い申し上げます。


<作品のテーマ>

 最近他の方の作品に全然コメントできていない身で厚かましいのですが、お気付きの点を御指摘いただければ幸いです。
   投稿者  : 涼格朱銀
 この作品についてはどうコメントしたものか、ものすごく迷います。

 私は作者の作品をいくらか読んでいるので、この作品で何がしたいのかはある程度推測できるのですけど、この作品単体で読むと、書かれてある内容が全部中途半端で、下手をすると自己中女が不幸に酔って不満をまき散らしているだけで、何も反省しないし学ばないし改めもしないだけの話に見えてしまいます。

 この作品が小説賞の最終候補に残らなかった理由はわかるし、その判断は正しいと思うのですけど、書こうとしていることがもっとうまく、正しく読者に伝わるようにすれば、かなりいい作品になる可能性があるだけに、もったいないな、とも思います。

 ただ、この作品のポテンシャルを引き出そうと思ったら、3万字前後の字数では全然足りないです。20万字は欲しい。
 この作品が中途半端になっているのは、作者の技術不足と言うよりも、字数不足の影響の方が大きいと思います。短編で扱い切れる内容ではない。
 この作品を3万字で収めようと思ったら、この作品にかける作者の思い入れを捨てて、もっと冷静な立ち位置から手を入れるほかないと思います。

 私がこの作品のコメントに困るのは、その辺なのです。私は作者の他の作品を知っているから、作者がこの作品に対して思い入れがあるのはわかるんですよ。勘違いかもしれませんけど。
 一方で、約3万字制限の小説賞に応募された作品ということを考えると、これではダメだと言わざるを得ないのです。
 小説賞に応募する作品というのは他者に読ませる作品なわけで、読者に対するサービス業なのですよね。ただ自分が書きたいものを書いているだけではダメで、読者が読んで面白いことが一番重要です。自分の趣味も両立できたらなおいいですけど、それは二次的な問題に過ぎない。
 そしてこの作品は、趣味とサービスの両立が難しい構想だと思うのです。20万字使えるなら両立した作品を作れると思いますけど、短編でやるなら、サービス業に徹しないとうまく行きそうにない。ただ、この作品から伝わる思い入れの強さを考えると、それを薦めるのはどうも野暮な気もするのです。

 私は基本的に、作者のことよりも作品のことを考えていて、作品が一番いい形になるにはどうしたらいいだろう、というのを優先しています。だから本来なら、作品のために作者の思い入れは捨ててしまえというところなんですけど、ただ、この作品は作者の思い入れと不可分に結びついていると思うので、割り切って書くのが本当にいいのか、わからないんですよね。と同時に、このままではもったいないとも思う。

 根本的な作品の質の向上には繋がりませんが、一応細かい点についてもいくらか。

 この作品に登場する男で一番重要なのは千尋ですけど、千尋はゆうじろうの後に登場し、かつ、獏その1やゆうじろうと同じ分量と形式で描かれているため、読者は千尋が他の男と違うということを認識できません。男その1、その2、その3にしか見えないわけです。
 しかし実際には、獏その1とゆうじろうと千尋は、作中でそれぞれ別の役割を持っています。一度読んだらそれに気づきますけど、初読では区別が付かないことが読みにくさの原因になっています。
 役割の違う登場人物については、その違いについて、読者が理解しやすいように書き分ける必要があります。特に千尋は最重要人物ですから、本来なら夢と同じくらい字数を取って、登場時に人物描写してもいいくらいです(小説では、描写に字数を取ったものほど重要だと感じる。獏その1のシーンは1500字、千尋初登場シーンは1200字。ほぼ同等なので、同等程度の重要度だと読者は認識してしまう)。

 夢のシーンについてはほとんどは問題ないのですけど、冒頭のものは気になりました。
 まず、これは作品全体に言えることで作者のクセなのでしょうけど、祖母がどこでどうして窓からビスケットを投げているか、という基本的な情報が欠けています。たぶん縁側に座っているか何かしていると思われますけど、「縁側に座って、庭に向かってフィンガービスケットを投げている」みたいに、シーン構成に必要最低限の情報は、削らないでちゃんと書いた方がいいです。
 汽車の夢みたいに、舞台を詳細に描く必要の無いシーンでは省略してもいいですけど、冒頭の夢では構図が必要で、こういう場合は「常識でわかるだろう」と思われるような基本的な舞台の情報についても削らない方がいいです。
 次に、「意識が混濁して〜三十二歳の女にでもなった気分になる」は、夢のシーンとしての雰囲気を損ないますし、「私、施設に行くんでしょう」の台詞の印象を薄めてしまいますから、カットした方がいいと思います。
 この次の「干からびたビスケットは干からびた祖母の指そのものみたいで」は、何もここで次の展開をモロに教えなくてもいいと思います。受け取ったビスケットは干からびていて、いかにもまずそうだったとか、その程度でいい。でまあ、口に含むと、見た目に反して思ったより水気があったんだけど、なんかどうもねちゃねちゃして変な塩味がする。で、指で舌を拭ってみると、指には血と肉の破片が付着していたとか、そんな感じの書き方の方が雰囲気が出ると思います。

 作品の途中で千尋の視点に変わるシーンがありますが、この作品で視点人物を二人にするなら、直子と千尋の分量は半々にした方がいいと思います。現状の分量だったら、千尋からの視点のシーンは効果が薄くて、ない方がいい感じになっています。
   投稿日 : 2017/02/15 05:59
   投稿者  : 正宗友理子
読んでいただいて、本当にありがとうございます。
返信、勝手ながら、少しお時間を頂きますね。
よろしくお願いいたします。
   投稿日 : 2017/02/16 20:30
   投稿者  : ひつじ使い
読ませていただきました。
読み応えがあり、すごく良かったです。
少し誰のセリフなのかがすっと入ってこない箇所があったように思います。冒頭の「ねえ、私、施設に行くんでしょう」の辺りや、中盤の「――来たければ、来たら。きっともっと嫌われちゃうけど」といったところです。もし手が加えられそうであれば、そうした方がいいようにも感じました。

二回読ませていただきましたが、二回目のほうがいろいろと理解できて集中して読むことができました。この原因はといいますと、千尋さんのキャラ設定に慣れるまでに多少時間がかかったといったところでしょうか。とても興味の持てる設定だったと思います。

全体を通して作者さんの素晴らしい感性が反映されているように思いました。すごく羨ましく思いました。
これからも頑張ってください。
   投稿日 : 2017/02/18 15:54
   投稿者  : 正宗友理子
涼格朱銀様

 返信が遅くなって失礼いたしました。やっぱり……ダメですよね。どの作品よりも一生懸命書きはしましたが、今となってはどの作品よりも自分の良さが(あるとすればですが)出せなかったように思います。
 書いていただいたとおり、この作品は、わたしの思い入れと不可分なものだと感じています。よいところがあるとすれば、それはきっとわたしの思い入れに由来するものです。そして、この作品がまずいのは、単にわたしに筆力がないからです。自分の作品を卑下するのは読者に失礼な気もしますが、今回ばかりは書きたいものが書けない自分自身にがっかりしています。
 「作者自身の技術不足というよりも、字数不足の影響が大きい」とのことですが、実際のところ、この作品はわたしが書いた中で最長のものでして、この程度ですら構成に悩んで五里霧中でした。というわけで、字数が足りないのも、つまるところはわたしの技術不足のためです。
 しかし、もう手の入れようがないと思っていたこの作品ですが、ご指摘をいただいて、もう一度書き直してみようと思いました。本作のテーマほど自分が書きたいと思うものはないですから、新たな作品にとりかかる必要性も感じていませんし、再度この作品に納得するまで向き合ってみようと思います。
 その他のご指摘についても、ありがとうございます。特に描写不足などは、自分ではなかなか気づけませんので、大変参考になります。
 このような作品ですが、丁寧なアドバイス、とてもうれしかったです。また、過去の作品においても、色々お言葉をいただき、本当にありがとうございました(また投稿できるかどうか分からないので、今申し上げておきます。)。
   投稿日 : 2017/02/19 22:09
   投稿者  : 正宗友理子
ひつじ使い様

 いつも読んで下さり、本当にありがとうございます。読者がいてくれるということは、ものを書く身にとって、本当に幸せなことです。
 わたしは、一度何かの賞をとってみたいという不純な動機(?)でものを書いていて、この作品もスタートはそうだったのですが、小手先だけではだめだと感じ、自分なりのテーマと向き合いながら一生懸命書きました。ですから、読み応えがあると言っていただき、とてもうれしかったです。
 御指摘についても、ありがとうございます。わたしは文章のリズムを意識するあまり、内容への意識がおろそかになりがちなのですが、必要な描写まで切り捨てるのは本末転倒ですよね。自分ではなかなか気づきにくかったところです。
 千尋については、すごく難しかったです。男性視点でものを書くのは初めてなのに、難易度を高く設定してしまいました。実は「Ib」というフリーゲームの、男前なのにオネエの「ギャリー」というキャラクターが好きで、ついこんな風にしてしまいました。それから、恋愛関係とは少し違う関係というものも、書いてみたかったところです(ご存じなければ読み飛ばしていただきたいのですが、大島弓子の『バナナブレッドのプディング』という名作少女漫画のような雰囲気を出したかったのです。全然出せていませんが。)。
 このような作品を二回も読んでくださったなんて、感激しています。頂いたアドバイスを踏まえて、もっとよくなるように書き直してみたいと思います。また新たな作品を投稿できるかどうかわからないので、今申し上げますが、これまで本当にありがとうございました。でも、ひつじ使い様の作品は絶対に読ませていただきますので、また是非投稿なさってくださいね。
   投稿日 : 2017/02/19 22:40
名前
感想

- WEB PATIO -

(管理:普津沢)






(スパム対策のツールを設置しました)