掲示板に戻る

   『因みに』

         投稿者 : 滝本睦月


 おねえちゃん良かったら手に取ってみて、すごい似合うと思うよ、興味無い? んじゃまた今度! お兄さんかっこいいね、これつけたらさらに格好良くなるよー。無視って、おーい。
 何してんだ、俺。
 近所の公園でフリーマーケットがあると聞き、掘り出し物を手に入れ転売、あわよくば小遣い稼ぎになればと思いやってきたもののほとんどが子供服等の古着ばかりで来る前に想像していた楽器や絶版本、美術品なんかは無かった。暇つぶしとあわよくばというのが目的だったので一通り見て回って帰ろうと思い出口へ向かった。日曜日という事もあって小さい公園ながら沢山の人が見に来ていた。娯楽の少ない田舎なのでこういった催しはやたらと人が集まる。巡回中のパトカーも暇つぶしに来ているみたいだった。天気が良い。
「お兄さん、ちょっとこっち来て」
 声の方を向くと、出口近くで店開きをしていたお姉さんが手招きしていた。見た目が好みだったので近づいて見ると商品は他の店と違い用途がよくわからない物と手作りっぽいアクセサリーが並んでいた。適当に商品を見て、へぇーとか、うーんとか言って帰ろうと思っていたらお姉さんが急に手を掴んで「少しの間店番してくれない? 漏れそうなの」と言ってきた。「漏れそう」という言葉に反射的に「いいっすよ」と返すと、お姉さんはにっこり笑って、商品の値段は僕が決めていいって事とその間の売上はバイト代って事であげるからと早口で伝えるとその場から立ち去って行った。そんな適当でいいのか? と呟きながら、トイレならすぐに戻るだろうとお姉さんが座っていた折りたたみ式のイスに腰掛けた。頭の中で、どうにかしてあのキレイなお姉さんと仲良くなれないもんかなと考えながら。
 女のトイレは長い。店番のお礼に差し入れでも買いに行ったのかな? 歳はいくつだろうか? 彼氏はいるのだろうか? あれやこれや考えるのも飽きてしまったので暇つぶしに、並べてある商品を見てみることにした。 手作りっぽい皮のブレスレットのアクセサリーやら変な文字が書いてあるお香、お茶の葉のパック、何かの種、瓶詰めの灰のような物がずらりと並んでいる。それはもう小洒落た洋服屋のそれに見えた。家族連れが多いフリーマーケットの客層を考えると売れそうに無いなと思いつつも暇だし、今自分は店番している訳だからせめて一つでもさばきたいという気持ちが湧いてきた。まあ少しでも売れればあの姉さんがご褒美をくれるかもしれないという下心なんだけど。
 手当り次第に通りがかる人に声をかけてみると意外と立ち止まって商品を見てくれた。家族連れのお客さんには得体のしれないお茶の葉を勧めてみる。そもそもお茶の葉かどうかも知れないパックを。嘘も方便。
「これはミャンマーのお寺で最も好まれている茶葉でそのままでもミルクをいれても美味しいですよー」なんて言うと、旦那さんの食いつきは良かったものの、奥さんの方がインド産なら買うけどねぇ、なんて言いながら立ち上がって行ってしまった。
インドでもミャンマーもたいして変わんねーから、なんて心の中で悪態をつきながら見送る。次に立ち止まった若いカップル。
「このブレスレットお兄さんが作ったの? ヤバイ、チョーウケるんだけど」「ヤバイ、この葉っぱ吸ったらキまんじゃね? てゆーかこれその辺に落ちてるやつじゃね?」「リョーちん天才!」「だろ? おにーさんゲスな商売してんねー、俺は引っかかんねーけどあんま無茶すると捕まるよ?」と散々冷やかして行ってしまった。そもそも俺の店じゃねえんだよと聞こえないように呟きながら、一向に戻って来ないお姉さんにだんだん腹が立ってきた。
とりあえず一服って煙草を吸うついでに客寄せになればとお香に火をつけてみた。ゆっくりと立ち上る薄紫色の煙り。匂いを嗅いでみるとよくあるお香の匂いは全くなく、ただただ煙い。それこそ枯葉を燃やした時の煙りのようだった。お香はすぐに地面に突き刺して消した。さっきの若いカップルが言っていた事を思い出して、急に不安になってくる。これは詐欺になるのか? そもそも得体の知れない物を並べて頼まれたとはいえそれを売ろうとしているこの状態は良いのか悪いのか。ここにある物自体合法な物なのか。周りを見渡してもお姉さんの姿はない。公園の出口当たりにパトカーが見えた。
 逃げてしまおうか。
 もうお姉さんの事なんてどうでもいい。一刻も早くここから離れたい。警察官に職務質問されたら何て答えるんだ? 頼まれて? 誰に? そんな奴いないじゃん。捕まる。どうすればいい?
「あのー」
「はいっ?」
 声を掛けられるまで気が付かなかったがお香とお茶の葉みたいな物を手に持った気の弱そうな若い男が目の前にいた。「これ欲しいんですけどいくらですか?」と言うので少し考えてからこう返した。
「タダでいいよ。その代わりさ、少しの間店番頼んでもいい? 漏れそうでさ」


<作品のテーマ>

だんだんとズレていく感覚が伝わればと。短いですが。
   投稿者  : 涼格朱銀
 これは作品ではなくて、下書きでしょう。とりあえず思いつきを書いてみただけのものに見えます。
 ここから手間をかけて完成させるつもりがあるなら完成させればいいですし、その労力に見合った価値はないと判断するならボツにすればいいと思います。

 細々とした文章の読みにくい部分などは完成時には直るでしょうからいちいち指摘しないことにして、アイデアに関してですけど、結局この店の正体が何なのか、作者自身に考えがなく書いていますよね。それではダメです。少なくとも作者はこの店の正体を確定させておいて、それを前提に書いていく必要があります。
 この作品が持って行くべきパターンは主に二通りで、本当にいかがわしい店なのか、主人公の妄想なのか、です。どちらのパターンにするかによって書き方が変わってくるので、作者はどちらでいくかを決めておく必要があります。現段階ではそれをはっきり決めていないから中途半端な内容になっているのですね。

 あと、現段階では主人公が、作者が用意した結論に安易に飛びつきすぎています。店を物色に来た頭悪そうなカップルにちょっと何か言われただけで、ヤバイ店だと思い込んでいますよね。
 主人公がこの店をいかがわしいと確信するまでには、もっと段階を踏んで、説得力があるように持って行く必要があります。お姉さんが帰ってこないことと、カップルの証言だけでは論拠として薄すぎます。カップルの発言については何の説得力も無いですし、お姉さんが帰ってこないのだって、トイレに行く途中に何かあって来られなくなったとか、現実的な解釈の仕方はいろいろあるはずですよね。

 具体的な話の持って行き方ですけど、たとえばこの店では、最初からお香を焚いていることにします。その香りに惹き付けられて主人公がその店に立ち寄ったら、店番を頼まれたことにする。で、それはいい香りで、実際、この店ではそればかり売れるんだけど、頭の悪そうなカップルに、それがヤバいクスリなんじゃないかと言われる。
 何を言いがかりを付けているんだと腹を立てるけど、そう言われてみると、この香りには何やら抗いがたいものがあるような気がしてくる。すごく店番が楽しいしはかどっているけど、もしかしてそれはこのお香によって操られているんじゃないか。試しにお香を消してみようとしたけど、どうしても消したくない。
 だいたい、ずいぶん時間が経ったような気がするけど、あのお姉さんはいつ帰ってくるのだろう。気がついたらもう日が傾いている。こんな店、ほっぽり出して逃げてしまいたいけど、それと同時にこのまま店番し続けたい気もする。

 どうでしょう。だいぶアイデアとして使えそうな感じになったと思いますけど。

 ここでポイントなのは、店の正体がなんなのか、お香の正体がなんなのか、ということを、この作品の焦点から一旦ずらしていることです。そこを焦点にすると、その正体について確定させて、それをオチに使うことになるのですけど、そこで読者が納得のいくような設定を考えるのはなかなか難しいものがあります。
 なので、そこは作品のポイントにしないで、主人公がお香の魔力(?)に取り込まれていく様子や、そこからどうやって脱するのか、それともこのまま永遠に店番になってしまうのか、というところにポイントをずらしているわけですね。ホラー寄りの展開に持って行っているわけです。
 なお、私としては、このお香は呪いのお香でも違法薬物でもなんでもなく、単に主人公の妄想が暴走しただけの方がいいと考えていますけどね。本当に魔法のお香ということにするよりも、その方が作品としてはバランスが取れると思う。
 だからまあオチとしては、主人公が逃亡した後、イカ焼きかなんかを差し入れに持ってきつつ、お姉さんが帰ってくる方が面白いと思います。一旦は「店の正体」というポイントから逃げてホラーとして話を展開させた後、店の正体についての結末もちゃんと持ってくる。これで読者の想像に丸投げすることなく、作者の義務を全うして、そこそこのレベルに話を持って行けるんじゃないかと思います。
   投稿日 : 2017/02/26 06:51
   投稿者  : 滝本睦月
涼格朱銀さん
返信遅くなりました。すみません。読ませて頂いて本当にその通りだと反省しています。書きこむ前にもっと内容の意味や伝えたい事を考えるべきだったなと思います。全てが中途半端だなと。
ここで頂いたアドバイスは必ず次に繋げられると思います。
本当にありがとうございます。
   投稿日 : 2017/02/27 19:59
   投稿者  : ひつじ使い
読ませていただきました。
面白かったですよ。ラストの気の弱そうな男に、店番の彼女と同じセリフを言って、押し付けて逃げようとするあたりも、それなりにオチにはなっていると思いました。
短いコメントではありますが、これからも頑張ってください。
   投稿日 : 2017/03/01 20:00
名前
感想

- WEB PATIO -

(管理:普津沢)






(スパム対策のツールを設置しました)