掲示板に戻る

   『消しゴム物語』

         投稿者 : 弥生 灯火



 あるところに、真っ白な雲みたいにキレイな消しゴムがいました。
 その消しゴムは、背の高い鉛筆と一緒に、小さな女の子のお家で暮らしていました。
 女の子がえんぴつと消しゴムを使って、いつものようにお絵描きをしていた時のことです。
 お腹が減ったのでご飯を取りに、台所へ足を運んだ女の子。それを見ていた鉛筆が消しゴムに話しかけました。

「やれやれ。今日も明るいうちはご主人さましかいないみたいだね」
 赤いレンガとたくさんの木で作られたこのお家では、えんぴつと消しゴムとその持ち主である女の子が一人でいることが多いのです。

「お母さんは働いてるんだから仕方ないよ。おいらたちが頑張って、ご主人さまの好きな絵をいっぱい書いてあげればいいじゃないか」
 するとえんぴつはチクリと言いました。
「でも書くのは僕だけじゃないか。君は消すだけしか出来ないだろ」
「そんなこと言わないでよ。おいらだって頑張ってるんだから」
 でもえんぴつはご機嫌ななめみたい。チクリチクリと続けます。
「僕は書くことでご主人さまを喜ばせることが出来る。楽しませることが出来る。だけど君は消すことしかできないじゃないか。なにも生み出せないじゃないか」
「……」
 消しゴムは答えることが出来ません。

「君は僕がいなかったら、用なしだろ」

 えんぴつの言葉が消しゴムの白い体に、グサグサ、グサリと突き刺さります。

 ――お、おいらは何も出来ないのかな。何も生み出せないのかな……

 消しゴムは思い悩み、逃げるように修行の旅に出ることにしました。

 けわしい山々に登り、とても冷たい滝に打たれ、白い体がスベスベのツルツルで、ピッカピッカになるぐらい鍛えまくりました。するとどこからでしょう。天をゆるがすような、やたらと大きな声が空気をふるわせてきました。

『おお、われは美しい…… そしてわれは美しいものをこよなく愛するのだ』

 消しゴムが空を見上げると、一筋の光から神様? みたいな物体がキラキラと降りてきました。白いおひげで顔の回りを囲ったその物体は、ムッキムキのムッチムチで、素っ裸でした。

『裸〜裸〜裸裸裸〜裸〜裸〜』

 ラの音階を辺りいっぱいに響かせながら、神さまらしき物体は消しゴムの方を見てきます。消しゴムはとりあえず他人のフリをしようとしました。

『こらこら待ちなさい。ご主人のためを思うその心。その白く美しい体以上の純真な心にわれは感動してな、修行でおぬしに宿った力。それを教えてやろうと思って来たのだよ』

 消しゴムは思います。神様だったら教えてくれるんじゃなくて、鍛え終わる前に授けてくれるのが真の神様じゃないのかなあ、と。

『おろか者! 美しい心と体はたゆまぬ努力によって生まれるもの! われとて一日三回の筋トレを欠かさず――』

 神様は消しゴムの心を読んだように一喝しました。どれだけトレーニングが大事なのかを、こんこんと説明し始める神様。ずいぶんと自己中な神様ですが、神様なんてワガママであまのじゃくでそんなもの。

『――だ。まあ、おぬしの真面目な心に免じて、この辺で許してやろう』
『すみませんでした神様。ええと、それでおいらに宿った力って何でしょうか?』
『ふむ、それはな。おぬしの体には書いたものなら何でも消せる、魔法の力が宿ったのだよ。これからも精進するが良い。ふぉふぉふぉ、さらばじゃ〜』

 そう言うと神様は来た時と同じように、無駄に光を放ちながら天空へと消えていきました。

 ――魔法の力、何でも消せる、力。消せる、そんなぁ。

 消しゴムが欲しかったのは、消せる力ではありませんでした。欲しかったのはご主人さまのために何かを生み出す力。喜ばせる力。消せる能力とは違う力が欲しかったのです。

 「おいら、やっぱりダメなんだ。やっぱり用なしでしかないんだ。うう、うわああぁ〜ん」

 消しゴムは何もかも嫌になり、シクシクと泣いてサメザメと気をおとし、ウダウダな無気力感でいっぱいになりました。そして山から降りた消しゴムは、目に入るものをなんでも構わず消し始めてしまいます。
 家の表札に書いてあった名前も、ゲシゲシ。道のそばに置いてある道しるべも、ゲシゲシ。マジックでもクレヨンでも墨の字でも、書いてあるものはなんでも消しまくっていきました。

 どんどんどんどん白かった体が黒くなっていきます。ぐろぐろぐろぐろ心の中をあらわすように黒くなっていきます。

「おうおうおうおう。てめぇだてめえ。なにおれっちにガン飛ばしてやがんだ。シメんぞ、ああぁ!」

 とうとう消しゴムは身も心も真っ黒になりグレてしまいました。来る日も来る日もケンカばかりして、すさんでいってしまったのです。

 そんなある日、消しゴムは背の低くなったえんぴつと再会しました。

「ん〜? おめえ、えんぴつじゃねえか。こんなトコでなにしてやがんだ」
 そこは生ゴミが山のように置いてある、カラスたちが集まるゴミ置き場でした。
「や、やあ。なんだか雰囲気が違うけど、君はあの消しゴムくんかい?」
 そう言うとえんぴつは、かすれた声で身の上を語り始めました。消しゴムがいなくなったお家では、それまで以上にお母さんが忙しくなり、女の子が一人ぼっちになる日が多くなったということでした。
 
 女の子はこれまで以上にお家の中でえんぴつを使い、たくさん絵を描くようになりました。紙だけじゃなく、床にも壁にも柱にも。女の子は家中に落書きをしてしまうようになったのだそうです。

 当然、帰ってきたお母さんは怒ります。でも女の子はやめませんでした。叱られても、怒鳴られても、毎日、毎日、書きました。
 お花の絵、ワンちゃんの絵、お菓子の絵。書けば必ずお母さんは怒りました。
 いつも帰ってくると疲れてすぐ寝てしまうお母さんは、何度も何度も近寄ってきて、怒ってくれるのです。だから女の子は書き続けました。そのうちお母さんはあきれて怒らなくなり、すり減って小さくなったえんぴつを、女の子に黙ってポポイと捨てたとのことでした。

 ――なんてこったい。母親の奴、娘の気持ちも分からねえのかよ!

 いても立ってもいられず、消しゴムは女の子のお家に様子を見に行きました。

 赤いレンガで作られた小さなお家は、ポツンと建っています。消しゴムが黒くなったように、お家の色も影に隠れるように黒ずんで見えました。
 消しゴムはそっと木枠の窓から家の中をのぞきます。女の子は、泣いていました。

 かわいたタオルで自分の落書きを、ゴシゴシ、ゴシゴシ。

 でも、消えてくれません。

 小さな背中をもっと小さく丸めて、ゴシゴシ、ゴシゴシ。

 やっぱり、消えてくれません。

 女の子は泣いていました。
 
 ――あんた、悲しすぎるぜ。ちきしょう。うう、ちきしょう。おれっちって奴は。

 消しゴムはムカムカきました。女の子にじゃなく、そのお母さんにでもありません。自分自身にムカついてきたのです。

 ――力になりてえ。あの小っちゃな手に戻ってやりてえ。けど、けどよお。

 自分のとんがった黒い体が窓にうつります。今の消しゴムはもう、女の子が知っているキレイな消しゴムではありませんでした。

 ――おれっちは汚れちまった、汚れちまったんだ。ちきしょう。帰れねえ、帰っちゃいけねえ。こんなおれっちがあの子に、どのツラさらせってんだ。

 消しゴムと女の子との間に横たわる赤いレンガの壁。その壁と消しゴムのすき間に、ゆるやかな風が吹きつけてきます。

 ――くっ、どうにも夜風がしみるぜ。こいつはよぉ。

 いつの間にか辺りはすっかり暗くなっていました。そのときのことです。 消しゴムは不意に体をつかまれました。持ち上げてきたのは女の子のお母さんです。

「うわっ、離せ。離しやがれ! てめ、こら!」

 消しゴムを手にしたお母さんは、そのまま家の中に入っていきます。

 ――ダ、ダメだ。ダメなんだよ。もう見せれる姿じゃねえんだ。頼む、頼むから放してくれぇ。

 消しゴムの気持ちむなしく、お母さんは女の子の手に消しゴムを握らせました。

「あっ! これなくしたと思ってたケシちゃんだぁ」

 女の子は小さな目をまんまると広げて、明るい声をあげました。黒くなってしまった消しゴムをちゃんと覚えていたのです。何故ならこの消しゴムは、えんぴつと共に大好きなお母さんが誕生日にプレゼントしてくれたものだからです。

 ――おおおぉ、すまねえ。あんた、すまねえ。許せ、許せ、こんな姿になっちまったおれっちを許してくれえぇ)

 それから消しゴムは大好きなご主人さまのために、家中の落書きを消し始めました。

「ゴシゴシのゴシゴシで、ゴシゴシゴシーっと、くらあ!」

 段々と汚れてた家の中が、キレイになっていきます。板ばりの床も、赤レンガの壁も。同時に消しゴムの黒かった体がどんどんけずり取られて、昔のような純白でキレイな体に戻っていきます。女の子は笑いました。明るく笑いながら消しゴムを使いました。

 でも、ある日のことです。落書きの半分ぐらいを消したところで、女の子は消しゴムを持つ手を止めてしまいました。まだ柱や机には消さなきゃいけない落書きが残っているのにも関わらずです

 ――どうしたんだろうご主人さま? まだ落書きは残っているのに。どうしておいらを使ってくれないの?

『どうしたのヤヨイちゃん、お母さん今日も遅くなるから、いつもみたいに消しゴムと一緒に良い子で待っててね』

 お母さんは消しゴムの気持ちを代わるように話すと、お仕事に出かけていきました。

 ――そうだよ、ご主人さま。あともう少しで家も綺麗になるし、おいらを使ってよ。

 でも女の子は消しゴムを使いません。お母さんがどんなに遅くても、どんなに一人で待つ時間が長くなっても、使おうとしなくなりました。
 小さな体の女の子には、広いお家です。そして一人だと、どうしようもなく冷たく寂しい場所でもあります。けれど女の子は消しゴムを使いません。たとえお母さんを待つ時間を笑って過ごせても、使うことが出来なくなっていたのです。

 女の子は窓ぎわで小さくつぶやきました。

「だいじょうぶ、もうちょっとのガマンだもん」

 その小さな手に、縮んでしまった消しゴムを握ったままつぶやきます。

「もうすぐ早く帰ってこれるようになるもん。だから、だいじょうぶだもん」

 誰かにではありません。女の子は自分に向けて話していたのです。

 ポロポロと、なみだがこぼれていきます。なみだは知っていました。お母さんが早く帰れるようになるには、まだまだ時間がたくさんかかることを。だから消しゴムを大事に使わなくてはなりません。もし消しゴムがこれ以上すり減って、もしもなくなってしまったら、帰りを待つ時間が耐えられそうにないということを。

 消しゴムは悩みました。自分を使ってくれれば、ご主人さまの笑顔をまた戻せる。この暗く冷たいお家に、明るい温かさを生み出すことが出来る。でも、それは束の間でしかありません。
 もう一人ぼっちになりたくない。そうもらした女の子の言葉に、消しゴムは無力だったかっての自分を思い出しました。あの時は修業の旅に出れたけれど、今度はご主人さまを残して旅立つわけにはいきません。

 外は夜の始めになろうとしていました。今日もまだ、お母さんは帰ってきていません。
 女の子は机に座ったまま、居眠りをしています。その閉じたまぶたの下には、なみだのあとがくっきり残っていました。

 ――どうしたらいいんだろう。おいらはどうしたら、どうしたらご主人さまの力になれるんだろう……

 えんえんと、う〜んう〜んと、消しゴムはご主人さまのためになることを考えました。
 星の光がまたたく窓ぎわで、何度も何度も、何回も何回も、ずっとずうっと考え続けました。

『……美しい』

 どこかで聞き覚えのある声が降ってきました。

『裸〜裸〜裸裸〜裸〜裸〜裸〜』

 どうにも覚えていたくない気にさせる歌声と共に。

『ふぉふぉふぉ、どうやらおぬしに力を授ける時がきたようだのぉ』

 月明りの中から現れたのは、いつかと同じ全裸の神様でした。

『む、どうしていつも裸なのかと? 聞きたいか、よし、ならば――』

 そんなことはまったく聞こうと思わなかった消しゴムですが、余計なことは言わず黙っていることにしました。雰囲気を察したのでしょう神様は、昔の絵画や彫刻を見ろ、神様は裸がふつうだぞ、と簡単に伝えてくれました。

 なんとなく納得した消しゴムは訴えます。

「お願いです、おいらに消す力じゃなくて、生み出す力を下さい。ご主人さまのためになりたいんです」

 神様は目を閉じ、うんうんと首をたてに振り、白いもじゃヒゲを揺らしました。

「大丈夫だよ消しゴムくん。神様は君をみとめてくれたんだから」

 神様の後ろで、他人のように隠れて立っていたのは、かって共に女の子のお家にいたえんぴつでした。

「僕だってとがったイヤミな性格だったけど、芯を丸く直してマイルドになったんだから」

『ふぉふぉふぉ、では始めるぞい』

 神様がおもむろにポーズを決め始めました。まるで自分の体を見せびらかすかのようなポージングです。あまり見たくなかったので女の子の寝顔に向いていた消しゴムの上から、魔法の声がひびき渡ってきました。

『ぷ ・ ろ ・ て ・ い 〜 ん!!』

 その声を浴びたとたん、消しゴムの白い体がムッキムキでムッチムチの神様と同じ、マッチョな体となっていきます。

『また体がすり減って、消えて無くなりそうになった時はプロテインと叫ぶのじゃ。すればおぬしは再びマッスルボディになれるじゃろう。何度でも、何度でものぉ』

 そう言うと神様は光を巻き散らかしながら、どこかに帰っていきました。

「う〜ん、あれ? いつのまにか寝ちゃった」

 なみだのあとが残る小さな顔の女の子。はっきりと目を覚ました時、右の手のひらに包んでいた消しゴムが、買ってもらった頃の大きさになっていることに気づきます。左手には短く持ちやすくなってまっすぐな鉛筆も握っていました。

 消しても消しても、決して無くならない魔法の消しゴム。女の子は家中の落書きを消しました。いっぱい使って消しました。
 それから毎日、女の子は新しい絵を書いては消して、お母さんの帰りを待つようになりました。

「あはは、ケシちゃんすご〜い。ぷにぷにしてる〜」

 女の子の明るく楽しげな声が、赤いレンガとたくさんの木で出来たお家にこだまします。
 その声だけはお母さんが早く帰れるようになっても、いつまでも、いつまでも消えることなく聞こえるようになったのでした。



『ふぉふぉふぉ、おしまいじゃ〜!』


<作品のテーマ>

ほのぼのとした童話調の作品を書いたことがないな〜と思い、出来るだけ分かり易い表現で書いた作品。
神様の存在感を出しすぎてコメディになった気がするけれど、きっと気のせい(笑) 読んで下さった方には感謝を。
   投稿者  : てこてこ
めちゃくちゃこの話好きなんですけど(笑)色んな意味で良い話過ぎます。
童話調に灯火さんテイストが加わるとこんな面白い作品になるとは・・・、恐れ入ります。笑いだけでなく心も温かくなる素敵な話でした。
神様の登場シーンが面白すぎて吹きそうになりました。あとケシちゃんがマッチョになるのがキン消し思い出しました(笑)

いやはやとても良かったです。いつもの作風も良いんですが、またこういった物も読みたいです。次回も楽しみにしてますね。
   投稿日 : 2017/03/14 21:47
   投稿者  : 弥生 灯火
てこてこさんへ
気に入って貰えたようでなによりです。
児童向けの童話って書いたことがなかったので、チャレンジしてみました。
何故か裸族が紛れてしまって、児童に勧めにくくなったけれど(爆)

マッチョはいいですね。私の作品にはたまに出てきて、だいたい意味なくポージングしてます(笑)
次作はいつもの作風?の作品かもしれませんけど、また時間のある時にでも読んで下さいませ。

ここ数カ月に投稿した作品への感想群、感謝です。ありがとうございました。
   投稿日 : 2017/03/16 19:47
名前
感想

- WEB PATIO -

(管理:普津沢)






(スパム対策のツールを設置しました)