掲示板に戻る

   『霊能力者』

         投稿者 : 窓野枠


 サラリーマン・増田が、神経内科医である田所の前に座り、診察を受けている。
「道路を歩いていたりしますと、血だらけの顔をした人が私の前に現れるのです。痛いよー、助けてください、って、歩道を歩いている私の足下にすがり付いて来て言うんです。周囲の人には見えていないようです。お陰でわたしは、前に進めず、会社に度々遅刻し、やがて、遅刻常習者として解雇されてしまいます」
 増田は時々涙声になりながら話す。
「なるほど、確かに、貴方には間違いなく霊が取り憑いているように思えます」
 田所は増田を励ますつもりで、見えない霊を田所自身も信じているかのように話す。
「先生は信じてくれるのですか?」
 増田の側には、小太りの霊が、増田の顔に尻を押しつけるように、窮屈そうに立っている。まるで、診察室は朝のラッシュアワーの電車の中のようである。そんな状況とは知らない田所が答える。
「貴方のお話を伺うと、周囲に浮遊する霊の皆さんは、どの方も不慮の事故で亡くなられて成仏できずにいる。不幸にも天国に行く機会を失った方ばかり。貴方には霊の声が聞こえ、見える。貴方は俗に言う霊媒師の素養があるようです」
 増田は田所の話を遮って聞いた。
「霊媒師? それは何でしょうか?」
 田所は増田を安心させるため、口から出任せを言う。
「除霊できる霊能力者です。除霊と言っても、天国に霊を導いてあげる方です。あなたは、何人、あなたに取り付いておられるか数えられたことはありますか? 」
 増田は周囲を見回した。
「最初は一人だったので、さほど、気にしなかったのですが、人数が増えてきまして、現在、二九人まで増えているのは確認しております」
 それを聞いた田所は、椅子から立ち上がって、増田の周囲を見回した。田所は霊が見えるかのように振る舞う。
「なるほど、分かります。これだけ、大勢取り付いていると、行動が制限されますね」
「はい、これだけ沢山の霊が周囲におりますと、落ち着かないのです。職場にいても落ち着いて仕事もできません。わたしはこの先どうしたらいいのでしょうか?」
 増田は深刻な顔をしている。
「増田さんが霊を天国に導くしか解決方法はなさそうですね」
「霊を導く? わたしにそんな能力があるのでしょうか?」
「現に霊が貴方を頼って集まって来ています。あなたしかいません。自信を持って乗り切りましょう」
 田所の励ましの言葉によって、増田は己の使命を感じ、立ち上がった。
「分かりました。やりましょう。先生、私は霊の方々のお役に立ちます。それで、何かそのお役に立てる方法に、先生はお心当たりがあるのでしょうか?」
 田所はにっこり微笑んだ。
「ここに一本の薬剤があります」
 田所は手のひらの上に乗せた紫色の小瓶を増田の前に差し出した。ラベルにスーパー睡眠薬と書いてある。
「はて? どういうことでしょうか?」
「これをあなたは一気に飲むのです。そして、あなたも浮遊して霊を天国に導くのです」
 増田は田所の話を聞いて思わず椅子から立ち上がってうろたえた。
「安心してください。基本、睡眠薬ですが、一時的に、仮死状態になるだけです」
「うわあー、一時的って、嫌だなあ、下手をすると、死んじゃうかも知れないのでしょう?」
 田所の手にした薬は、只の睡眠薬を強力にしてある。
「では、私が実験に飲んで安全であると言うことを実証しましょう」
 そう言うなり、田所はその瓶のふたを開けると、唇に当て、一気に中の液体をすべて飲み干した。しばらく自分の身体の状態を観察していた田所は、急に立ち上がった。
「しまった、うっかり、全部飲んでしまった。どうしよう?」
 そう言ってから、田所は眠そうな目をしていたかと思うと、床に横になった。そのまま、田所は起きない。増田は三〇分ほど待ったが、田所は目を覚ますことはなかった。増田は救急車を呼んで、到着を待とうと、立ち上がると、田所が目の前に現れた。
「増田さん、どうです? 仮死状態というのは本当でしょう? 納得いただけましたか? 私はこの通り生きています」
 増田は足下を見た。先ほど倒れた田所は、まだ横たわったままである。
「ああ、また、成仏できない霊が、増えてしまった」


<作品のテーマ>

ジョークと言えないジョークというのでしょうか。人生、ままならないものです。
   投稿者  : 弥生 灯火
田所先生、お馬鹿ですね(苦笑)
うん、それ以外の感想が出てこない(汗)

小話、ショートショートだと思いますけど、そうするとオチが弱いかなあ。
弱いのは仕方ないけれど、オチへの持っていき方でもっと工夫が欲しいかも。
ジョークとしてオトすのであれば、診断してる箇所の文章をもっとウィットに飛んだものにするだとかしてオチを活かす、
あるいは、より固い文章を持ってきてオチで大げさに読者に脱力させるとか、そんな工夫が欲しいかと思いました。

ではでは、これからも創作頑張って下さい。失礼しました。
   投稿日 : 2017/05/13 15:05
   投稿者  : 涼格朱銀
 オチそのものはそんなに悪くないと思うのですけど、この作品は短くて単純なことしか書かれていないわりには読みにくい印象を受けるんですよね。そのため、頑張って読んだわりには報われないオチだな、と思えてしまいます。

 なぜそう感じるのか考えてみたのですけど、おそらく、診察の途中から描かれているせいでしょう。患者が診察室に入ってきて「今日はどうされました?」「実は霊に悩まされているんです」といったくだりから始めていれば、読者は単純に読み進めることで話を理解できるのですけど、この作品は診察の途中から描かれているせいで、状況を理解するのに時間がかかるのです。
 たとえば、冒頭に神経内科医と書いてますけど、話の内容は霊についてで、医者の言うこともオカルト的なので、そうなると、この医者はヤブ医者なのか、患者をだまそうとしているのか、それとも単に話を合わせているだけなのかと、状況を理解しようとして、余計なところで頭を使ってしまうんですよね。そのせいで肝心のストーリーに関心が行かなくなってしまう。
 作者の頭の中では、このシーンはきちんとできあがっているから当然混乱しないのですけど、読者はこの話に途中で参加させられているので、状況把握がまだできていないのです。その状態でストーリーを進めてしまうと、読者はストーリー展開に集中できないまま読むことになるので、結果としてオチが弱く感じられるわけです。

 あと、オチの持って行き方そのものにも工夫の余地があると思います。「『一気に』中の液体を『すべて』飲み干した」とか「うっかり、全部飲んでしまった。どうしよう?」などといったくどい表現の反復はオチを台無しにしています。
 私が考え得る限りで、オチを最大限効果的にする方法は、田所の一人称視点でこの作品を描いて、

 私はその瓶のふたを開けると、唇に当て、中の液体を飲み干した。そして、しばらく自分の身体の状態を観察する。異状がないことを確認すると、私は言った。
「増田さん、どうです? 仮死状態というのは本当でしょう? 納得いただけましたか? 私はこの通り生きています」
 しかし増田は、ひどくうろたえた様子で言った。
「ああ、また、成仏できない霊が、増えてしまった」

 という感じにする手です。睡眠薬を大量に摂取したことを示すのは「中の液体を『飲み干した』」だけにして、その後昏睡状態になったとかなんとかという描写を削るわけですね(削るために田所の一人称視点にする。三人称でもできなくはないが、処理が難しくなる)。強力な睡眠薬を飲み干して「異状がない」なんてことはありえないので、詳しく書かなくてもオチはわかる、というわけ。
 これじゃオチが解らないのではと不安に思うなら、「成仏できない霊が、増えてしまった」の後に、こいつ何をいってるんだ? と思って足下を見たら、自分の体が横たわっていたとか、そういう一文を付け加えてもいいです。さらに親切にするなら、ああ、あれうっかり全部飲んじゃったのか、を付け加える。「うっかり、全部飲んでしまった。どうしよう?」は途中に持ってきたらダメなセリフなんです。あえて書くなら一番最後しかない。
 いずれにしても、状況把握などの雑事に読者の頭を使わせるよりは、オチで使わせた方がいいです。肝心なところで頭を使ってもらえるようにするために、その他の部分はシンプルでわかりやすく書き、読者にストレスを与えないようにするのが、オチを重視した掌編の基本です。

 あと、早くオチに持って行きたくて、問診をおざなりにしてしまっている感じが読んでいてするのですけど、オチを効果的にしたいなら、問診を魅力的に描くことが重要です。着地を決めるのは大事ですけど、作品にとって本当に重要なのは中身なんですよね。この作品で言えば、増田と田所の会話が面白いからオチが映えるわけです。現状では二人の会話はオチのための説明以上のものになっていないので、仮にオチが無くても面白く感じられるところまで持って行きたいです。
   投稿日 : 2017/05/13 16:21
   投稿者  : ひつじ使い
読ませていただきました。
良かったですよ。
増田さんも、田所さんも面白かったです。
短いコメントではありますが、これからも頑張ってください。
   投稿日 : 2017/05/13 19:31
   投稿者  : 窓野枠
弥生 灯火 様 
 感想ありがとうございます。
 診断途中の会話に工夫の余地あり、ということ。わたしの能力から鑑みますと、ウイットに飛んだものにすることは難しいので、超固い話にするしかないかと考えます(笑)。
 落ちでの落差を際立たせる工夫を、次回、考えたいと思います。
 感想、ありがとうございます。

---------------------------------------
涼格朱銀 様
 感想、ありがとうございます。
 貴重な時間を使って読んだわりに詰らない、報われない文章だったようでした。大変申し訳ありません。
 診察の途中から入っているので状況が分かりづらいというご指摘ですが、そうかも知れません。わたしとしては、余り緻密に書いてもどうかな、読者の想像にゆだねてはどうかな、という感覚で書いています。どう解釈するかを読者任せにしている感もあります。
 ご指摘にありますように、これからは、もう少し、状況を伝える工夫をして、読者に状況把握に時間を費やす労力を省く表現を心掛けたいと思います。
 幾つかのご指摘箇所は熟慮、再考し、、加筆訂正して更なるレベルアップの基礎にさせて頂くつもりです。
 次回の新作で、挽回したいと存じます。
 感想、ありがとうございました。

--------------------------------------------
ひつじ使い 様
 いつも感想、ありがとうございます。
 面白いと仰って頂けると、やはり張り合いがあります。
 次回の作品もよろしくお願いします。
 
--------------------------------------------
みなさま、貴重なお時間、感想を頂戴しまして、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
   投稿日 : 2017/05/14 09:03
   投稿者  : てこてこ
凄くシュールな話だと思いました。
全体的に淡々としたお話なのですが、するっと最後まで読み進めてしまう不思議な魅力の作品ですね。

気になったのが、最後の睡眠薬のくだりが少し不自然な感じに見えてしまいました。
最終的に田所は睡眠薬で死んだという解釈で良いんですかね? そうですと、田所は医者なのですから、増田に薬を一気に飲ませて殺す気でいたのか、もしくは必要量だけ飲まないといけないのに馬鹿して全部飲んだのかが分かりづらいです。
と言いますのも「しまった、うっかり、全部飲んでしまった。どうしよう?」という台詞がある限り、死ぬ可能性が非常に高いのを田所は知っていて、増田に薬を勧めたという事ですよね。何だかそこら辺が曖昧な表現だったので、少し首をかしげてしまいました。

何かの参考になれば幸いです。失礼しました。
   投稿日 : 2017/05/15 00:00
   投稿者  : 窓野枠
てこてこ 様

 感想をありがとうございます。
 
 田所が睡眠薬を飲ます下りですが、分かりづらいとのこと。
 今後は、もう少し工夫して書くようにします。
 一人で書いて読んでいますと、独りよがりになってしまいます。
 大変貴重な感想をいただきありがとうございます。

 次は、ヒットを飛ばせるように、精進するのみです(笑)。
 
 今度ともどうぞよろしくお願いいたします。
   投稿日 : 2017/05/16 21:14
名前
感想

- WEB PATIO -

(管理:普津沢)






(スパム対策のツールを設置しました)