掲示板に戻る

   『魔法少女ルーラー、参上だよ!』

         投稿者 : ペキニーズ


 人を殺すなら、撲殺に限る。
 絞殺だと、人を殺したという感覚がどうも薄くて満足できない。刺殺は悪くないが、簡単に人体を切り裂けてしまうからこれもやはり満足できない。
 だから撲殺だ。
 俺の得物はなんの変哲もない金属バット。何度か新調したりはしたが、やはりこれが一番しっくりくる。
 相手をなぶるときのあの征服感。骨を砕く快感、耳に滑り込む心地よい悲鳴、哀願。金属バットならではの、俺の娯楽だ。
 そう、殺人行為はあくまで娯楽でしかない。娯楽でしかないが、俺の生き甲斐でもある。これがなければ生きていけない。世の中はとにかくつまらん。なにをしても所詮は偽物だ。安全も安心もいらない。俺はリスキーな遊びがしたいのだ。そしてそれが殺人行為の危うさとぴったり合致した。
 これに気づいたのが最近だった。本当にもったいない。これまでの人生が全て無駄だったように思える。それほどに、人を殺すのは楽しくて仕方なかった。
 俺は麻薬中毒者のように、毎晩その行為を繰り返した。ちまたでは殺人鬼出没だとか言われている。大袈裟だ。俺はただ人を殺しているだけだ。それも一日一人だけと決めているし、死体はちゃんと人目のない場所に捨てている。殺人鬼は殺人鬼でも、礼儀正しくマナーのある殺人鬼なのだ。
 俺は玄関の傘立てに差し込んであるバットを手にした。グリップが擦れて滑りやすくなってきたな。それに先の方が少し凹んでいる。そろそろ買い換え時か。 
 これを使うのは今日で最後になるだろうな。


 バットは当たり前だが、ちゃんと専用のバッグにいれて持ち歩いている。とはいえこれも目立つ。なんせ今は撲殺する殺人鬼が蔓延っている。町の人間はかなり神経質になり、人とすれ違うに度に一瞥される。
 俺は獲物を探している。
 酒に酔っぱらった親爺でもいい。警戒心のない子供でもいい。非力な女でもいい。とにかく殺しやすそうなやつを探す。俺はバトルジャンキーとかじゃない。僭称するなら狩人。弱い獲物を狙うのは当然だ。そして俺のそういう嗅覚はここ最近でそこそこには信用できるくらいになっていた。
(……あいつに決めた)
 俺が目をつけたのは、まだ中学生くらいの女子だった。大人しそうな顔立ちに、三つ編みにした黒髪、制服だがスカートの長さは膝下まである。
 コンビニの駐車場でひとり座り込んで、買ったばかりのアイスをぺろぺろと嘗めていた。
 いかにも優等生然とした女生徒が、こんな夜中にこんな場所にいることに違和感があったが、まあいい。
 今日の獲物はあいつだ。
 そうと決まれば、俺はすぐに行動をおこす。まず場所を決める。このあたりで人通りが少ない場所を脳内で検索する。こういうことをするようになって、町の地理はかなり詳しくなった。
 俺は場所を決め、あの少女がまだ立ち去る様子がないことを確認し、早足に決めた場所に向かう。そこにバットを置く。これを持って話しかけてはさすがに怪しまれるだろうという配慮だ。 
 そして俺はまた少女のいる場所へ向かう。
 彼女はまだ、同じ場所にいた。アイスのなくなった木の棒を名残惜しげに嘗めている。俺は少女に話しかけた。
「君、こんなところでどうしたの?」
 少女が顔を上げた。近くで見ると、その野暮ったい格好に反する綺麗な顔立ちに少し驚かされる。
「……人を、待ってます」
「へえ、もしかして彼氏とか?」
「いえ……、そんな人いません」
「えー、こんなに可愛い女の子を放っておくなんて、君のクラスの男子は見る目がないね」
「はあ、そうですね」
「彼氏じゃないなら誰を待ってるの?」
 そこで少女は首を傾げ、
「さあ……」
 と吐息のような声で答えた。
「それにしてもさ、危ないよ。こんなとこで。知ってるでしょ? 最近殺人鬼とかが出てるの」
「そうですね、知ってます」
「家に帰らないのかい?」
「帰りますよ。待ってる人が来てくれれば」
 待ち人というのは親か。
 こんな時間に娘を放っておくとは、ばかな親だ。なにが起きても文句は言えないな。娘が死ぬのは俺の責任ではない。娘を放っておいた親の責任だ。
「ねえ、家はどこ? 送ろうか」
「いえ、いいです」
「アイス、買ってあげようか?」
 反応はない。だが見上げてくる視線が少し熱を持った気がする。俺は苦笑する。
「うまいアイスがあるところを知ってるんだ。良ければどうかな」
「…………行きます」



「あの、本当にこんなところに美味しいアイスがあるんですか?」
 後ろからついてくる少女の質問を無視して歩き続ける。道はどんどん暗くなっていく。俺は心中で、無警戒な少女を笑った。
 そしてしばらく歩き、俺は立ち止まった。足元にあるバットを拾った。
 少女に振り向き、
「ここだよ」
「アイスありませんが」
「アイスっていうのは嘘」
 俺は手にあるバットを掲げてみせる。
「ちょっと殴らせてくれないかな」
「……なるほど。あなたでしたか」
 そう言って少女は胸元からピンク色の、似合わないスマートフォンを取り出した。
 電話する気か!
 俺は即座に走りより、それを奪い取ろうとする。だが遅かった。操作を終えたスマートフォンが光輝く。光輝く!?
 俺は強い光に視界を奪われ、目を覆った。まずい、逃げられる! そう思ったが、足音は聞こえない。逃げていないのか? なにをしている?
 頭が疑問で埋め尽くされる。光が薄くなってきたため、俺は覆っていた目を開き、仰天した。
「るんるん♪ るんるん♪ わたしは悪を裁く正義の乙女。逆らう悪には死を。従順な悪にも死を。正義の味方、正義は味方! 魔法少女ルーラー、参上だよ! るんるん♪」
 ゴスロリ姿の美少女がいた。
 なんだ? なにが起きた? なぜゴスロリ? いつ着替えた? 俺は煽られているのか?
 疑問につぐ疑問に、俺の頭は弾けてしまいそうだ。
 ……もういい。俺がすることはひとつだけだ。こいつを殺す。その行為を行うのはとても簡単だ。一振り。それだけで片がつく。
 俺はゴスロリ姿の少女ににじりより、渾身の力を込め、遠心力をフルに活用して、バットを振り切った。
 つもりだった。
 金属が弾ける音がして、気がつくと俺の手から愛用のバットが消えていた。これはおかしい。たしかにグリップは少し滑りやすくなっていたが、使い慣れた得物だ。こんなミスが発生するはずがない。
 そして気づく。目の前の少女が拳を振り抜いた姿勢で俺を見ていた。
 ……馬鹿な。まさか、殴り飛ばしたのか? 俺が振ったバットを。バットだけを。あり得ない。人間業じゃない。幾つもの現実との齟齬が脳裏に浮かぶ。だがそんな考えは無駄なのだと思えた。
 俺が最期に見たのは、少女が静かに拳を後ろに引く姿だった。
「……アイス食べたかったです」
 そんな言葉が聞こえた気が、 


◆●


 翌日。
 新しい殺人鬼の犯行が見つかる。
 被害者は五十嵐淳太(20)。
 彼は頭部が消えた状態で死亡しているところを見つかった。
 頭部は目下捜索中である。

 それをニュースで見た魔法少女がひとり呟いた。
「アイス美味しい」


<作品のテーマ>

よろしくお願いいたします
   投稿者  : 弥生 灯火
頭は何処に消えたんでしょう。
色々とツッコミどころが沢山ある作品でした。ある意味、そこが楽しめたような?
一言で済ますなら、「なんか変な設定の作品」という感じなんですけどね。

一人称の語り部が実は被害者だった、というのはよく見られるバターンの一つ。
なんですけど、もっとこう工夫したり説得力的な伏線を貼るものだと思うんですけど、今作は見受けられなかったかなあ。
例えばたった一文、「最近、俺の真似しやがるパクリ野郎まで現れたらしく、おかげで一層イライラがつのる」
これだけでも最低限のオチへの説得力は生まれますよ。

あとは謎のアイス押し(笑)
もう少し作品の中に溶け込ませられれば、オチを読まれ易いパターンながらも、作者さんの個性をより出せるものになったかと思いました。

以上、拙い感想と指摘、失礼しました。これからも創作頑張って下さい。
   投稿日 : 2017/05/13 15:07
   投稿者  : 涼格朱銀
 タイトルで話の展開はほとんどバレるので、この作品で重要なのは話そのものではなく、キャラクターや世界観といった部分になるはずです。つまり、魔法少女モノは腐るほどあるけど、その中であなたの作品にはどういう個性があるの? という点が重要になる。

 それに対する回答が何も無いのが、この作品の致命的なところだと思います。字数のほとんどを、どうせかませ犬として死ぬだけの犯罪者の描写に割いて、肝心の魔法少女についてはほとんど描かれていない。そのうえ、その数少ない登場シーンでの言動が無個性となれば、一体何が書きたかったのか、と思ってしまいます。

 魔法少女を描くのに特に関心がないなら、撲殺殺人鬼が女子中学生の殺人鬼に狩られるという話にした方がまだ作品にインパクトが出たように思います。この作品から魔法少女という設定を削るだけで、かなり猟奇的な感じになるはずなんですよね。もしくは、自分を魔法少女だと信じている殺人鬼という設定にするとか。
 そうではなくて、魔法少女モノが書きたいんだということなら、もっとちゃんと設定やキャラクターを練り込んで、それを書き込むべきです。

 あとは、殺人鬼の一人称視点で描かれているのですけど、その心理描写にはいろいろ気になる点があります。読んでいると、無理してサイコパスを装っているように見えるんですよね。どうも言い訳がましい。
 常人の心理とはかけ離れているだけに、快楽殺人犯の心理を描くのは難しいですから、ここは無理せず三人称視点で書いた方がいいんじゃないかと思います。
   投稿日 : 2017/05/13 18:07
   投稿者  : 古事記のリテナ
初めまして、古事記です。
とても読んでいて楽しかったです。リアルとファンタジーの融合(?)みたいな所がグッときました...(笑)

...強いて言うなら、魔法少女の最初の登場シーンの所。もう少し女子中学生らしい描写を増やして、後とのギャップなんかを楽しみたかったですね。 でも、楽しく読ませて頂きました!!これからもよろしくお願いします(o^-')b
   投稿日 : 2017/05/13 19:13
   投稿者  : てこてこ
読ませて頂きました。
素直に思った事を述べさせて頂きますと、中学生が魔法少女である必要性があるのかなぁと。
そう言ってしまうと元も子も無いんですけども(汗)猟奇的な殺人鬼の世界観と、魔法少女のコミカルな雰囲気が噛み合っていない感じがします。
一人称でがっつりホラー的な文体で書かれるのでしたら、少女自体も魔法少女ではなくただの快楽殺人者みたいな方が良く見えるんですかね? それか魔法少女を出すのなら三人称でもう少し軽めに書くかという風に、殺人か魔法少女のどちらかにもう少し偏らすとバランスも取れて良いんじゃないかなぁと思いました。
分かりにくい例えで申し訳ないです。参考になれば幸いです。
   投稿日 : 2017/05/15 00:01
名前
感想

- WEB PATIO -

(管理:普津沢)






(スパム対策のツールを設置しました)